<< ドイツビール | main | GW 終了〜 >>
2016.04.12 Tuesday

つかの間の静寂。。

0
    京都も桜が散り、観光客さん達もひと段落。。
    静寂もつかの間、2週間後にはゴールデンウィークがやって来て各地で大混雑!

    これからの季節にぴったりのビールをご紹介しますき


    Crime Passionnel  クリムパシオネル
    高品質で革新的なビールを造るドクトルヴァンドゥコールナール醸造所で造られているウイットIPAと呼ばれる小麦を使ったインディアンペールエールです。柑橘系のアロマとトロピカルフルーツを想わせるフレーバーがあり、しっかりと苦みのあるドライなフィニッシュが感じられるアンバーカラーのビールです。

    このビールを醸造するドクトルヴァンドゥコールナール醸造所は、2007年にロナルド氏(Ronald Mengerink)が立ち上げた家族経営で小規模な醸造所です。非常に高品質で革新的なビールを造りだし、現在はベルギーのみならず世界中の注目を集めるマイクロブリュワリーのひとつになりました。

    その豊かな発想力とビール造りの実力は他に類を見ることがなく、毎年ルーヴェンで行われるジトスビアフェスティバルにおいて2011年、2013年、2014年の3回、No.1ビールに選ばれる快挙も成し遂げています。

    ロナルド氏は15才の頃から醸造にかかわるプロフェッショナルで、多くは語らない職人気質な人柄ですがビール造りにかける情熱は誰よりも持っており、彼の作るビールは、伝統あるベルギービールをより「モダン」で「クラフト」な新たな形に変化をさせる最先端のベルギービールで、今後ますます注目されるだろうと言われています。


     Triporteur from Hell トリーポーター フロムヘル
    4種類のオリジナルモルトを使い造られるビールです。中でも特徴は若干の海塩を使ったBOMSeaSaltモルトと、BOM DRC(ダブルローストチョコレートモルト)と呼ばれているモルトを使用していることです。ホップはイーストケントゴールディングとシチリアンゴールディングが使われており、チョコレートや、キャラメル、香ばしいパンを思わせるダークブラウンビールに仕上がっています。

    Triporteur Wild & Funky  トリーポーター ワイルド&ファンキー

    ワイルドアンドファンキーはリンゴと洋ナシのジュースを使い、さらに乳酸菌、ブレタノマイセス酵母、シャンパン酵母を使用した混合発酵による、新しいスタイルのサワービールです。オリジナルのモルトを2種使った食前酒にも最適なビールです。今までのフルーツビールとはひと味違う、他に類を見ないサワービールです。

    トリーポーターは世界で唯一のモルトベーカー&ブリュワリーのボム醸造所で造られているビールです。 ブリューマスター兼、モルトベイカーのBert氏は18歳からホームブリュワーとして醸造を始め、オルヴァル、ローデンバッハで経験を積んだのち、少しの間ブーン醸造所のセラーマスターとしても活躍しました。

    また、セントベルナルデュス醸造所でブリューマスターとして働いていた際には、セントベルナルデュスアブトの60周年スペシャルエディションを発表、その後アメリカに渡りサワーエールでも有名なNew Belgium Brewingで勤めた経験があります。
    ベルギーの中でも、新進気鋭の注目すべきブリュワーそしてモルトベイカーの一人です。

    近年はルーヴェンとハッセルトの中間地点、アレンの街にあるアンドレ醸造所でビール造りを行っていますが、モルトベーカリーはドイツ国境に程近い、ブレーの街に位置しています。
    バート氏はローデンバッハ醸造所が昔"乾燥場"でモルトを造っていた伝統的な製法に影響を受けて、自分でモルトを造る事にチャレンジします。

    現在ではさまざまに焙燥したり、スパイスや塩、オークなどを加えてローストしたモルトを自在に使い、ユニークで素晴らしい発想のビールを彼独自の感性で造りだしています。

    メインブランドである‘Triporteur’トリポーターはラベルに描かれているカート付きの三輪車で、昔ベルギーではたくさんのブリュワリーがこの三輪車でビールを配達していたそうです。




    後はブラッセルズ ビアプロジェクト企画の限定ビールをご紹介します

    BABYLONE  バビロン

    「ベルギーの食材廃棄の12%はパンである」というニュースがきっかけで、このパンを使いビールが造れないかという考えで誕生したビールです。乾燥パンを使用する世界最古のビールレシピを現代風にアレンジして造られました。後味に感じるうっすらとしたパンの塩っけがキャラメルのような香ばしさとスパイシーさ、ホップの苦味をまとめあげています。
    柔らかい飲み口ながら飲みごたえも持ちあわせる。癖になる味わいのビターエールです。




















































     
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    Selected Entries
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM