<< クリスマス!! | main | そろそろ春。。 >>
2015.01.16 Friday

新春〜!

0
    一年が始まり2週間、新春の新ネタはアベイデロック醸造所のビール。
    輸入量がとても少なく巷ではもうとっくに「SOLD OUT」

    サスガ、THE FLYING KEG 〜 王冠2
    と、言いたいところ、、ただ出すタイミングを損ねていただけの事。。

    TRIPLE IMPERIALE  トリプル インペリアル
    このビールを醸造するアベイデロック醸造所はモルトを非常に多く使用し、高アルコールで甘味のあるビールを多く造っています。このトリプルインペリアルは7種類のモルトと4種類のホップを使い造られるビールで、生姜、スイートオレンジピール、ビターオレンジピール、リコリス、バニラ、コリアンダー、レーズンといった多くのスパイスも使われています。
    口に含むと全体的に甘酸っぱい複雑な香りが広がり、モルト由来の柔らかな甘さの後はホップの苦味、オレンジ系の華やかな香りと、あとくちにはほのかな酸味の余韻が残るビールです。



    そしてもう1種類、巷ではほぼ完売であろうビール。。
    これはトリプルインペリアルとは逆のビターなIPAタイプです。

    DELTA   デルタ
    ベルギーで2013年に2人の個人醸造家が「ブラッセルズ ビアプロジェクト」という組織を立ち上げました。
    彼らは伝統的な製法に基づいた本来のビールを目指して消費者と共に歩んでゆこうとしています。
    現在は数種類のビールのサンプルを醸造し、出来上がったビールをブラッセルズの人々に試飲して貰い最も評価の高かったビールを商品化しています。
    そして、2013年にNo.1になったのがこの「デルタ」です。
    タイプはIPA(インディア ペール エール)です。IPAは元々イギリスがインドを植民地支配していた時、インドに移ったイギリス人が現地で飲むビールとしてイギリスからインドに輸出されていたビールのタイプです。ホップを多く使い、長い船旅に耐え得る目的で醸造されました。
    ホップをふんだんに使ったこのスタイルのビールは現在世界的なブームとなり、日本のクラフトビールでもこぞって造られています。爽やかな小麦のビールや、甘味があり確りとしたボディがあるビールを好むベルギーとて例外ではなく、ベルギー国内の他の多くの醸造所でも近年IPAを造る所が増えてきました。
    先にご紹介した濃厚な「トリプル インペリアル」とは逆のタイプと表現してもよさそうなこの「デルタ」。
    今回ご紹介した2種類の異なるタイプのビールを飲み比べてみるのも、ベルギービールの現実情が解るようで面白いかもしれません。


     
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    Selected Entries
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM