<< フィジーのビール | main | 濃厚。。 >>
2013.12.04 Wednesday

 はや師走。。

0


     歳をとるごとに一年が短く感じる昨今、クリスマスビールが入荷したので間違いなく12月。

    あと4週間で新年が。。


      DELIRIUM Christmas        デリリウム クリスマス   

    東フランドル州のゲント近郊のメレという町で造られている冬季限定ビールです。

    この醸造所のビール造りは1654年からで、1906年からはヒューグ一族が所有し1903年に名前をヒューグ醸造所に変更しました。

    ここは常時20種以上のビールを造っていますが、主力はピンクの象をモチーフにしたデリリウム トレメンス。

    直訳すると「アルコール中毒による震え」という名前で、ピンクの象はアルコール中毒による幻覚の証とか…。

    そういえばシュールレアリズムの画家、サルバドール ダリの絵にもピンクの象が出てきますね。

    このデリリウム クリスマスは通常のデリリウム トレメンスに比べるとアルコール度数は高く10%あります。

    3種類のフランス産ダークモルトとベルギー産のホップを使い醸造されるこのビールは、色が濃くまったりとしたフルーティーな味わいに仕上がっています。


      



      ENGHIEN Noel          エンギェン ノエル

    このビールを造るシリー醸造所は、ブリュッセルの南東、ワロン ブラバンド州とエノー州の近くにあるシリーという村の中心地にある醸造農家です。

    ここは1850年に設立されて以降、5代にわたり一族による経営が続いています。

    このエンギェン ノエルは3次醗酵の後に瓶内発酵をさせた特別な冬季限定ビールです。

    甘さを抑えたホワイトレーズンのような味とやわらかなスパイスの香りが楽しめます。



      
     

    Boucanier Christmas        ブーカニア クリスマス
                               
    ブーカニアを醸造するアルトベルデ醸造所は1784年にベルギー フランダース州北部のオランダとの国境近くに設立されました。

    ここは現在ベルギーで最も近代的でクオリティーの高い家族経営の醸造所と言われており、近年は海外への輸出にも積極的で、ヨーロッパ圏外にも多く輸出しています。

    このブーカニア クリスマスは濃いオレンジ色で、フルーティーな香りがありながらもスパイシーな苦味とモルトの風味が感じられるしっかりとしたボディの冬季限定ビールです。





      
      CHAPEAU winter gueuze        シャポー ウインター グーズ

    ブリュッセル郊外のワンベークにあるこの醸造所は、建物が250年以上、ビールの醸造は120年の歴史をもつところで、醸造設備も伝統的な機械を用いて醸造の釜を熱するのに現在でも石炭使用しています。

    ここは自然発酵にて造られるランビックビールの醸造所で、プレーンな酸味のあるグーズをはじめ様々なフルーツを用いたフルーツランビックが造られています。

    このウインターグーズはヨーロッパのクリスマスケーキにレーズンや香辛料が使われている事をイメージしたビールで、プレーンなグーズにレーズンを加えたランビックビールです。


      


    おっと、、
         Scaldis Noel       スカルディス ノエル

    エノー州ピペ村にあるデュビソン醸造所は1769年に設立された醸造農家で、1931年からは農業をやめて醸造に専念するようになりました。

    元々デュビソン(茂み)を英語に訳した「ブッシュ」という銘柄でビールを造っていましたが、バドワイザーを造るアメリカの大手メーカー「アンハイザー ブッシュ」からクレームをつけられ、ヨーロッパ圏外に輸出する際にブッシュと名乗れなくなり「スカルディス」という名で輸出されていました。

    現在はアンハイザー ブッシュが逆に世界最大手のビール会社であるベルギーの「インター ブリュワリー」に吸収合併され、以降ブッシュの銘柄でヨーロッパ圏外にも再輸出されるようになりました。

    余談ですが…
    アンハイザー ブッシュは、インター ブリュワリーの吸収合併からのがれる為にメキシコの「コロナ ビール」の会社「モデロ社」を吸収合併し会社拡大を企てましたが、失敗におわりました。

    ところで。。

    今回ご紹介のこのビールはスカルディス名義最後の年、2011年に醸造されたクリスマスビールです。

    賞味期限は2013年末と記されていますが、アルコール度数が13%もある非熱処理の無濾過ビールなので個人的な見解としては今ぐらいからがやっと飲み頃で、本来これからの瓶内熟成が楽しみなビールです。

    興味のある方は是非お試しください。








    今年も、開催!

      THE FLYING KEG NIGHT
        
    年に一度の復活!

      日時  2013年 12月 23日(祝日)  PM 7:00  ぐらい。。

      会場  かもがわカフェ  
    http://cafekamogawa.com/
      
    よろしければ、お越しくださいませ。



      



      



     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    Selected Entries
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM