2017.04.13 Thursday

フレッシュホップのビール

0

    やっと咲いた桜。例年ならもう散ってる頃なのに、低温のおかげでまだまだキープ。

    今年は遅咲きなので観光客もさほど多くなく、あちこちでゆっくりお花見ができます。

    京都って、桜の木多いな。。

     

    ホメル フレッシュハーヴェスト

     

    ファンエーケ醸造所で年に一度造られる限定ビール「ホメル フレッシュハーヴェスト」も今年で4年目になりました。

    このビールはサフィール、マグナム、チャレンジャー、ブルワーズゴールドの4種類の生ホップを収穫した翌日に仕込むビールです。

     

    今回入荷の2017ビンテージは、昨年9月19日に収穫されたホップを半日乾燥させ翌20日に麦汁が仕込まれました。

    そして10日後、麦汁に再び生ホップを加えてドライホッピングされています。(麦汁が出来上がってからさらにホップを加える事をドライホッピングと言い、ホップの香りや苦みを強調したい時に使う技法で、このビールではサフィール種でドライホッピングをしています。)

    その後3週間の熟成期間の後瓶詰しさらに3週間瓶内二次発酵されました。

    昨年の7月、ヨーロッパは悪天候が続きフランスでは多くのブドウ栽培に影響がでたそうで、ベルギーでも1839年以来の悪天候だったそうです。
    そんな環境の中でもファンエーケ醸造所は11世代続く醸造経験を基にこの限定ビールを醸造しました。

     

     

    ボトルの裏側にはこんな記述があります…

     


     

    唯一無二のホメルビール
    醸造所の職人魂とプライドを感じます。

    カッケー!!!

     

     

     

     

    2017.02.27 Monday

    コラボビール

    0

      当店でも数多く取り扱うドイツのリーゲレ社の限定ビールのご案内です。

      今回はリーゲレ醸造所とアメリカのシェラネヴァダ醸造所が共同で造ったコラボレーションビールです。

       

      リーゲレは1386年にバイエルン州アウグスブルグに設立された醸造所です。600年以上の歴史を持ち数々のビールコンテストで賞を受賞し、ドイツ国内だけでなく各国で高く評価されています。

       

      シェラネヴァダ ブルーイングは1980年にホームブルワーのケン・グロスマンとポール・カムシの2人が立ち上げたマイクロブルワリーです。その後醸造所は順調に発展し、現在はアメリカのクラフトビールを語るうえで最も重要な醸造所で、また、クラフトビールのトップメーカーのひとつに数えられています。

       

      ビールの名前は「バイエリッシュエール 2」

      ピーチやアプリコット、パッションフルーツなどを想わす柔らかなアロマが鼻に抜け、あとくちに爽やかな苦みが感じられるフルーティーなペールエールです。

       

      2017.01.23 Monday

      寒々、さむざむ。。

      0

        近日の京都は積りはしないものの、小雪がちらつき最低気温は零℃前後を行ったり来たり。。

        あんまり寒いのも困りもの。。無濾過の小麦ビールの酵母のタンパク質が凝固してモロモロになっちまうーっ!

         

        Double Espresso  ダブルエスプレッソ

         

        ダークビールに低カフェインの最高級コロンビア産アラビカコーヒーのエスプレッソを加えたプレミアムビールです。エスプレッソの香りとシルクの様なスムーズな舌触りが楽しめます。イギリス国内では高級スーパー、ウェイトローズや高級食料品店で取り扱われています。1912年にはワールド ビア アワードでワールド ベスト フレーバー ビアを受賞しています。

         

        MALHEUR 12   マルール 12 750ml

         

        ベルギーこのビールを造るランツヘール醸造所は、1997年に設立された新興のブルワリーながらもビールの評価は非常に高く、またたく間に名声を高めました。このマルール12は、ハーブとスパイスによるフルーティーな香りを持ちながらも、ホップの苦みも十分に感じられるフルボディのブラウンエールです。2004年のインターナショナル ビール&ワイン サミットではゴールドメダルを受賞しています。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        2016.12.01 Thursday

        ゲッ、もう師走。。

        0

          毎年12月になると、えーっ、もう12月なんだって思ってしまう。。

          なんか、毎年ちょびっとずつ1年が短くなってゆくような気が…

           

          今年のクリスマスビールが      出揃いました!

           

           


              

           

          中には新顔野郎も、ちらほら。。

           

           

           

           

          それと、もうひとつ…

          今年も「KEG NIGHT」開催します。

           

          毎年おんなじ12月23日(祝)に、毎回おんなじ「かもがわカフェ」さんで

           

                               http://cafekamogawa.com/

           

           

           

          2016.11.16 Wednesday

          IBU 100って…。

          0

             

            今回ご紹介するビールはウォーフバンク醸造所という、2010年に創業したイングランドのクラフトブルワリーのビールです。

            ここはイングランド北部ヨークシャ渓谷ウォーフ川岸の雄大な景色が広がる場所にあり、ウォーフ川の硬度58、PH7.0という軟水を使い造られています。

             

            IPA 100    アイ・ピー・エー 100

             

            IPAはインディアン ペール エール略で、かつてイギリスがインドを統治下にした際、イギリスから多くの人がインドに渡り、同時にイギリスのビールもインドに持ち込まれました。しかしビールをイギリスからインドに持ち込む際に長時間に渡る船旅のゆえビールはその環境に耐える事が出来ませんでした。そして長い船旅に耐えるビールが必要となり、ホップをたくさん使ったビールが造られました

             

            ホップはビールの醸造において本来の目的は香り付けではなく防腐です。ですからホップをたくさん使うことは環境に強いビールを造ることになるのですが、同時に苦みの強いビールが出来上がることになりました。

             

            今回ご紹介する「IPA 100」の100って何が?っておもったら、IBUが100なんだそうな。。

             

            IBUとはインターナショナル ビタネス ユニットとよばれるビールの苦さを表す国際的な数値で現在IPAを名乗る多くのビールのビタネス ユニットは40〜60 IBUぐらいで、イギリスからインドに運ぶ際の防腐を目的としたIPAのIBU数値はおおよそ150 IBUぐらいだったと考えられています。

             

            IBUが150もあればとっても苦いですが、使うホップの種類によって(ホップはひとつの種類を単独で使うことはあまり無く、大抵が数種類のホップをブレンドして使用します)味の感じ方は変わってきます。

             

            今年の春に京都醸造所さんが造られたIPAの生を飲む機会があり、とっても美味しくって醸造責任者のクリスさんに「IBUはどれくらいですか?」って尋ねたら、「23 IBUだよ!」って言われました。自分の主観としては40〜50ぐらいかなぁと思っていたので意外だったのを覚えています。

             

            今回ご紹介する「IPA 100」は、シムコ、ナゲット、コロンバス、シトラ、カスケードといった5種類のホップを使い、フレッシュなホップでドライホッピングされています。100 IBUとの事でとてもインパクトがありますが、大麦麦芽だけではなく小麦麦芽も使用しているので「めっちゃ苦っ!」な感じではなく、フルーティーさも兼ね備えた複雑で上品なバランスの良い仕上がりです。

             

             

             

             

             

            Calendar
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << May 2017 >>
            Selected Entries
            Archives
            Recommend
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM